MENU

妊娠後期の下半身むくみの原因と対策

 

妊娠後期、特に8ヶ月〜臨月を迎える時期になってくると、足のむくみが酷くなってくる女性が多いといいます。

 

 

このむくみとなる原因は赤ちゃんに栄養を送る事が体が優先しているので
血液量の増加が、むくみの原因となってしまうようです。

 

また、運動不足や塩分の摂りすぎなど、衣類のしめつけも原因になっている可能性もあります。

 

血液量の増加で”むくみ”に
当然、新鮮な栄養は赤ちゃんに注がれていますが、その生命維持ギリギリがお母さんの
血液となる事で、老廃物などが溜まりやすくきっちり解消する他、このむくみや代謝に関わる
症状はお母さんが解消するしかないそうです・・・

 

赤ちゃんに与えちゃいけない食べ物は皆さんも調べていると思いますが、キュウリや
スイカを食べても利尿作用をあげて余分な水分を体外に排出するという方法があります。

 

食べ過ぎてしまうと、カラダの冷えに繋がってしまうので、適量が肝心ですが
老廃物は溜めないことが大切です。

 

適度に運動・・・と言っても少し歩いたりするぐらいでいいと思いますが体の調子と相談してできるだけ体を動かしストレス改善にもつなげましょう。

 

あとはマッサージで血行を良くして老廃物を流してあげましょう。

 

妊娠後期のむくみはずっと続くものではないと思って気軽にストレス溜めずに過ごすことが一番です。

このページの先頭へ